■プロフィール

つよつよ

Author:つよつよ
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
車検費用の正しい節約方法
新年になってはじめてのブログになります。
今年もくるまさぽーとhttp://kurumaspt.web.fc2.com/をよろしくお願いします。

くるまさぽーと事業を創業してから3年目に入りましたが、たくさんのお客様からいろいろなジャンル、技術のご注文をいただくことで、自分自身が育てられているという事実をひしひしと感じております。
今一度これまでのお客様すべてに、心から感謝申し上げたいと思います。
プロとして更なる上を目指してゆきますので、どうぞご期待ください。

さて、今日は車ユーザーが(不景気のときは特に)頭の痛い出費問題であろう、「車検費用」について少し述べてみようと思います。

以前のブログにも詳しく解説しましたように、 「車検をパスすること」と 「運転中に車両が不調になること/安全な運転ができなくなること」とはまったく別の問題です。
つまり、ろくに整備や点検をしなくても車検自体はパスすることができる場合がありますが、いい加減な整備のまま乗り続けると、クルマも機械なので必ず不調や故障になるものです。
単に自分のクルマが運転中に整備不良で故障して動かなくなるだけなら自業自得で済むことと思うのですが、例えば整備不良が原因でブレーキが効かなくなるとか、タイヤがバーストして制御不能で歩道に突っ込んだとかになってしまうと、整備費をケチったばっかりにその何十倍もの代償を払わされえる可能性だってあります。

「そんなリスクは絶対にヤだ!責任は絶対ビタ一文負いたくない。」ということで、上記のような恐怖を完璧に取り除くために、すべてを車屋に任せてなんでもかんでも交換してもらうというのも、現在のような不景気の世の中だと誰もができる方法とも思えません。

大事なのは、 「費用と効果のバランス」ということです。

以下、このバランスを考慮したうえで、各自動車ユーザーのタイプ別におすすめ車検方法についてご紹介したいと思います。

1)自分のことは自分でしたい派で、時間に比較的ゆとりがある方。クルマいじりが好きな方。
このタイプの方には、是非自力でユーザー車検にチャレンジしていただきたいと思います。
もちろん車検場に持ち込む前に、きちんと法定点検を自力で行い、不具合箇所は自分で部品を買って交換や修理をすることになります。
最低限の工具の準備は必要ですが、一度揃えると車を買え替えてもずっと使えるはずですので、そのくらいの出費は許容してください。
やったことのない方は躊躇してしまうかもしれませんが、誰でも最初は不安になりますので、自分だけドキドキしているのではないということで気にせず、まずは1回チャレンジしてみることが大事です。
自分で点検や車検ができると、出費自体は間違いなく最低限で済みます。
さらに、自分で自分のクルマの仕組みやチェックポイントが理解できるので、下手をすると整備工に任せるよりもきっちりと整備できることもあるくらいです。自分のものを一番可愛がるのは自分なので当然の結果かもしれませんね。

2)今後のこともあるのでクルマを買ったディーラーさんとの付き合いを重視したい方。
ご存知とおりこのように車が売れない時代なると、車を売るディーラーさんや中古屋さんは単に車を売っただけの利益ではやっていけなくなります。車検や整備などのサービスを売ることでなんとか食いつないでいるのが実情です。
買うときに値引きなど含めていろいろなお願いを聞いてくれたり、その後も親身なって対応を続けてくれているディーラーの担当者への恩を無下にしたくないというのも、当然の気持ちでしょう。
そういうタイプの方は、多少は出費が大きくなるものの今後もいい関係を続けていくためには、そのようなお世話になっているところに車検を出す方がいいと思います。
最近はそのようなディーラーや車屋でも、車検メニューを数種類揃えてあって、保証が短めだけどその分費用も安いプランがあることが多いので、そのあたりのメニューを依頼するのがよいと思います。

3)車を買うのは車屋、整備を依頼するのは修理屋と割り切り、見積りを比較して同一内容であれば一番安いところに出すという経済合理主義をお持ちの方。
安くしたいが、安かろう悪かろうでは困るという場合は、必然的にこのタイプの選択になります。
車検に関しては、折込チラシやインターネット上にも情報があるように、地元の自動車整備業者が独自にやっているものや、全国ネットワークの車検センターのようなところでも格安車検プランを売りにして業務をしています。
そこで選ぶときにチェックしていただきたいのが、「単に車検を代行するだけ」なのか、「24ヶ月の法定点検を含めて車検を通すもの」なのかということです。
よく、ガソリンスタンドで車検が¥7,000~なんて書いてあるのをみると思うのですが、この場合多くは前者の方になります。前にも述べたように、最低限の法定点検をちゃんとしないということは仮に車検をパスしてもリスクの方が高すぎます(法定点検と名が付くように、点検をちゃんとしないことは、厳密に言えば道路運送車両法に違反することにもなります。)。
よって、費用を比較する場合でも単なる金額だけでなく、その内容をきちんとチェックして法定点検付きの同条件で行うことが大切です。
あと関連することとして、格安車検の広告には「あらゆる割引条件を適用した場合の価格」というのが全面に出ていて、実際に依頼するときにはそのような金額には実質的にならないということがあります。見積りを依頼する場合は、こちらの車両情報(車検証情報)を正確に伝えて、そのような誤解をしないようにするように気をつけてください。

最後に、我がくるまさぽーとは上記でいうと3)のタイプに該当するかと思います。
また、1)についてもユーザー車検を自力で受けたいが初回だけサポートして欲しいというプランも一応ご用意しております。
ここで、敢えてどこに車検を出すべきかについては言いません。
それは、お客様それぞれがベストを思われるところに出すのが、一番いいことですので。
その上で、くるまさぽーとをもし選んでもらえるなら、それは本当に光栄なことだと思っています。


スポンサーサイト
サービス業務 | 11:11:41

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。