■プロフィール

つよつよ

Author:つよつよ
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ETC車載器は今がホントに買い頃か?
くるまさぽーとでは、ETC車載器本体(人気の高いPanasonic製をメイン)、セットアップ、出張取付工賃まで全部まとめた、オトクで便利な「コミコミパック」をETC関連の主力商品として扱っております(おりました)。

3月の初旬ぐらいまでは、弊社の仕入先数社にもETC機器の在庫が十分あったのですが、ご存知のように3月12日に開始された5250円の助成金制度の開始の瞬間から、在庫が急速になくなり、現在はメーカーが増産して入荷するのを待っている状態になっています(しかも入荷日の確定はできない状態)。

よって、くるまさぽーとでは、今日3/21現在は上記のコミコミパックの受付は、仕入先の在庫が戻るまで中止させていただいております。ご迷惑をお掛けしまして申し訳ありません。

ETCの助成制度(リース制度と呼ばれていたときもある)については、過去何回も行われていましたが、実際のところ今回のような「車載器争奪戦?」になったことは一度もありませんでした。

今回に限り、このようにどこの店に行っても商品が品切れで、入荷待ちの状態にまで過熱してしまったのは、やはり「週末、休日は普通車でどこまでいっても1000円!」の経済対策が、これまでETCにあまり興味がなかった方にも火をつけてしまったからでしょう。間違いなく。

ETC車載器の店頭価格推移(一般的なカー用品店で)を見てみると、その過熱ぶりが明らかになります。一例を挙げますと、Panasonicの分離型ETC車載器ET908Dの場合(セットアップ、取り付け料金除く機械本体価格)、
本年3月5日時点(助成制度開始前): ¥11,800
本年3月20日時点(助成制度開始後): ¥12,750(助成金5250円適用後)
ちなみに、ET908Dのメーカー希望小売価格は¥19,800

この価格推移が何を意味しているのか?
なんと、助成金適用が始まった今の方が、結局多く支払ってしまっているのです! (全部のケースがこれに当てはまるとは限りません)
メーカーからの販売店への卸価格は、当然ながら市場の需要と供給の関係によって決まります。
ETCフィーバーの今は、需要>>供給になってしまっているので、メーカーは安い価格で卸す必要がなくなってしまったのです。
なので、販売店の店頭価格が助成金分以上に上がってしまい、こんな事態になっているのです。

結局のところ、今は「ETCを何が何でも付けたい!」というお客さんがいっぱい存在しているので、価格が高騰してしまっているので、すぐに使う予定が確定している人以外は、ひとまず冷静になって様子を客観的に眺めてみることをおすすめします。

先日、国土交通省からも4月以降もETCの助成制度は継続するという発表もありましたし、今メーカーは売れるときにいっぱい売って儲けたい!と必死に増産しているはずですので、需要が一巡した頃には、メーカー在庫がまた多くなって、市場価格は再び値下がりするはずと思います。

みんなが欲しがっている時期に手に入れようとすると、どうしても高い買い物になります。
このブログを読んでくれている賢明な消費者は、そんな非合理的な風潮に乗せられずに、客観的に本当の「買い時」を見極めてください!

スポンサーサイト


サービス業務 | 12:33:46 | Trackback(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。